【防音工事・ピアノ室・音楽室 】 住宅の防音室専門のシグマ音響は、「防音+室内音響」の理想の音空間をつくり続けて45年。

TOP > シグマ音響の防音室 > 防音室の自由設計

防音室の自由設計

自由設計だから快適。コストパフォーマンスの高い防音室。

パネル組み立てではない自由設計

周辺環境や隣室の関係などの初期条件を検証し、遮音計画を行います。
必要な箇所に必要なだけの遮音構造を構築し、優れたコストパフォーマンスを実現。目的の遮音性能を達成すると同時に、なるべく有効広さを確保して快適性とホスピタリティある音空間づくりを目指します。

お部屋の形を生かし、室容積の減少を最小限に抑えます。
異型の部屋や柱型や梁型があってもデッドスペースを造らず、部屋の容積の減少を最小限に抑えます。この細やかな設計・施工の作業は、パネル組み立てではない自由設計だから実現可能といえます。

室内音響を考えた自由設計

実績40年の蓄積されたノウハウにより 、楽器に最適な室内音響の防音室をつくります。
ピアノ、管楽器、弦楽器、声楽、オーディオなど、音源の特性に合わせて最適な残響時間を適切に設定。将来、用途や楽器の変更に合せて残響特性を変えることもできます。
シグマ音響が「パネル組み立てでない自由設計」にこだわるのは、室容積や楽器などの条件が一様でないお部屋に対して個々に音響設計を行い、弾き手の生きた楽音が再現する音楽室をつくるためです。

●建築音響設計
【遮音設計】楽器がもつ空気音と個体音の成分を分析し、物理的なエネルギー計算に基づき目的の遮音度を算出します。
【音響設計】お部屋の大きさに適した残響時間を算出します。

居住性に優れる自由設計

普通のお部屋のような内装仕上げにより、居住性を満たした音楽室をつくります。
音楽室イメージ
断面イメージ図

@壁 壁面ごとに遮音壁構造を設計
各壁面の防音性能を最適化して、むやみに壁が厚くなることを避け、独自のローコスト型の遮音構造を設計。

A床 バリアフリーフロア設計
原則的に既存床レベルを保ち、床下に遮音層を構成。廊下と入口の間に段差のないバリアフリーフロア。

B天井 天井が低くならないように設計
原則的に既存高さのままで天井裏に遮音層を構成。弦楽器の弓さばきや楽器の移動などに支障をきたさない天井高を考慮。

C気密型サッシ 2重構造を構築
外側サッシを活かして、内側に特製の気密型サッシを取り付けた2重構造。

D防音型ドア 遮音性能の高い防音ドア
既存サイズに合わせた、特製防音ドアの取り付け。

E額縁 色彩調和に配慮した内装施工
既存の額縁色に合わせるので違和感が生じることがない。

F幅木 内装と調和した色選定
一般の居室と同様に自由に選択可能。

○照明/インテリア 一般の居室と同様に自由に選択可能。

▲このページのトップへ