そよ風とマティス

南仏ニースにあるマティス美術館。

美術館というのに窓を開け、まるでリビングであるかのようにカーテンが風にゆらゆらと揺れていた。
光や湿度を保つため閉鎖的な美術館のイメージからは意外である展開に、開放的な地中海の風土を感じた。たまたま開いていただけかもしれない窓ではあるが、自然光とそよ風を採り入れた肩ひじ張らない美術館の在り方は、マティスの色彩溢れる画風とも重なった。
マティスが生涯大切にしたという身の回りの展示物の中で、なんとも素朴で可愛らしくて美しい花瓶を覚えている。なぜか、優しい人だったのではないかと想像した。

マティスの言葉に「わたしが夢みるもの、それは人を不安がらせたり、心を重くさせたりするような主題をもたない、均衡と純粋さと静けさの芸術。肉体的な疲れをいやすのがここちよい肘掛椅子だとすれば、まさにその肘掛椅子のような芸術」というのがある。
まさに美術館の自然体な環境づくりは、マティスの観念そのものなのかもしれない。

光や風がここちよい環境づくりは、音環境づくりにも大切な要素だと思います。