素の持つ力

コロニアグエル

バルセロナにあるアントニ・ガウディ設計のコロニア・グエル教会地下礼拝堂です。

茶褐色の石を積み上げたアーチ状の内部空間は、放射状に張り巡らされた繊維のような天井構造が力強く、ステンドグラスが花のように可愛らしい印象です。

建物は、石やレンガ、椅子の木やアイアン、窓のガラスやベンチのセラミックタイルなどの自然素材が使われ、経年よる深みを増しています。ガラスやタイルは色鮮やかに今なお息づいています。樹木の幹のように、くねっとそびえた石柱や、優美なフォルムの椅子など、有機的なデザインがされています。素材がそのまま生きている、むき出しのレンガ構造や木のぬくもりが視覚と触覚に訴え、素材が持つ力を感じます。

教会は、カタルーニャの熱い太陽のもと、周辺の長閑な自然環境に調和して、ひっそりと佇んでいました。

コロニアグエル教会の内部空間
内部空間
コロニアグエル教会の外観
外観